ホーム >>最新情報 >>そんなに簡単に“新作時計”が生まれることはない
そんなに簡単に“新作時計”が生まれることはない

こう言ってしまうと元も子もないのだが、そんなに簡単に“新作時計”が生まれることはない。機構の開発に何年もかけ、デザインや素材を吟味し、生産やクオリティコントロールの体制を整えてからの発表となるのだから、むしろ毎年のように新作が生まれる方が不思議な話である。ましてやA.ランゲ&ゾーネ(A. LANGE & SÖHNE)は、基本的に1モデルに対して1つの専用ムーブメントを開発するのだから、時間がかかるのは当然。ゆえに毎年少数精鋭なのだ。と、言い訳をつらつらと書いたが、要するに2020年の新作は2つで、しかもこれまでに発表されたモデルのバリエーション違いである。しかし2019年秋にブランド初のスポーティウォッチ&レギュラーのステンレススチールモデルとしてデビューした「オデュッセウス」に、リッチなホワイトゴールドが出たということと、伝統的な鳴り方から脱却した“デジタル式”のミニッツ・リピーターモデルに新色が登場。時計としての魅力は十分に深いのだ。http://www.jpeshop777.com/



前ページ: ロレックススーパーコピーは付加価値を付けることができますか?
次ページ: サステナビリティは今の私たちの生活において重要な課題です