ホーム >>最新情報 >>店長の土曜日おすすめメタルの美しさとカーボンによる軽量化を両立
店長の土曜日おすすめメタルの美しさとカーボンによる軽量化を両立

G-STEELのニューモデル「GST-B300」は、カーボンケースでモジュールを保護する「カーボンコアガード構造」が採用されている。このメリットは、剛性・耐久性・耐食性などにおいてハイレベルなマテリアルであるカーボンを使うことで、外装を構成するのがメタルながらG-SHOCKの基本スペックである耐衝撃性を確保できる点にある。しかもカーボンは軽量なため、フルメタル製の時計に比べて軽く、着け心地も快適なものとなっている。カーボンファイバー強化樹脂はミドルケースとサイドボタンガードに使われており、上下左右から伝わる衝撃に対して有効な防御システムを構築している。


従来機から変更が見られるダイアルは、6時位置にモードや充電残量がわかるディスクを、1時位置から2時位置にかけてラウンド型のデジタルグラフィックをレイアウト。これまでにないアシンメトリーなデザインを形成している。なお、残りバッテリーはディスクの矢印とレッド(もしくはオレンジ)のシグナルで知らせる2種類表示となっており、見ているだけで楽しいギミックが取り入れられている。



前ページ: 店長からのおすすめ時代を経ても色褪せない機能美を纏う
次ページ: 羅針盤をイメージしたデザインのダイアルで航海の世界観を表現