ホーム >>最新情報 >>自社キャリバーの搭載で、IWC随一の人気作がバージョンアップ
自社キャリバーの搭載で、IWC随一の人気作がバージョンアップ

IWCシャフハウゼン「ポルトギーゼ・クロノグラフ」Ref.IW371616 87万4500円/自動巻き(自社製Cal.69355)、毎時2万8800振動、46時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)、アリゲーターストラップ。直径41mm(厚さ13.1mm)。3気圧防水

1998年以来、20年以上もIWCの定番モデルとして根強い人気を誇る、縦2つ目のロングセラーもリニューアル。昨年末、IWCのインハウス・キャリバーに改められた新型に、ニューカラーとしてバーガンディとグリーンの2色が加わった。他に18Kレッドゴールドケース×ブルーダイアルのブティックエディションも用意されている。ムーブメント(194個の部品で構成される伝統的なコラムホイール式を使用)の自社製化にあわせてシースルーバック化され、鑑賞する楽しみも増えた。



前ページ: パートナーシップを示すブルーで彩ったデ・ヴィル トレゾア
次ページ: ブラックマザーオブパールの輝きが唯一無二の存在感