ホーム >>最新情報 >>パートナーシップを示すブルーで彩ったデ・ヴィル トレゾア
パートナーシップを示すブルーで彩ったデ・ヴィル トレゾア

オメガは、世界の貧困地域において予防可能な失明を無くすことに取り組んでいる国際的な非営利団体「オービスインターナショナル」をサポートしている。来年2021年に10年目を迎えるこの関係を示すものとして、オービスの名を冠する新作「デ・ヴィル トレゾア オービス」をリリースする。


本機のベースモデルである「デ・ヴィル トレゾア 」は、1949年に同社が発表した薄型のトレゾア初代機をルーツとしている。搭載ムーブメントは当時と同じ手巻き式だが、コーアクシャル脱進機の採用や60時間パワーリザーブの確保、COSC認定クロノメーターをパス、そして1万5000ガウスもの高耐磁性など、耐久性から精度、実用面においても現代のニーズに合わせた自社製キャリバー8511が搭載されている。



前ページ: レトロチックで美しいメタリックグリーンに魅了される
次ページ: 自社キャリバーの搭載で、IWC随一の人気作がバージョンアップ