ホーム >>最新情報 >>ロレックス 現行デイトナは何故圧倒的な支持を受けるのか?
ロレックス 現行デイトナは何故圧倒的な支持を受けるのか?

正式名称「オイスターパーペチュアル コスモグラフ デイトナ」。

レース用クロノグラフであるデイトナが誕生したのは今から約50年以上も前のことです。

1963年にモーターレース「デイトナ・インターナショナルスピードウェイ」にちなんで生み出され、タキメーターベゼル(時速を測るベゼル)を持つこと、視認性・防水性といった外装仕様が実用的であったことからこと、そしてデザイン性の高さから大きな人気を博しました。

現代においてはロレックスの象徴として、時計ファンであれば誰もが一度は手にしたいモデルと称される存在となっています。


ロレックス コスモグラフデイトナhttp://www.jpeshop777.com/promenu.asp?lists=7

誕生から現在まで6世代に及ぶ改良を繰り替えし、そのたびに進化してきたデイトナ。

デザインこそ大幅な変更は加えられていませんが、技術的ノウハウとそれを紡いできた歴史により、細かな部分で常に実用性が上がっています。

針やリューズといった細かな素材、ゼンマイの素材、そして堅牢性と耐久性へのこだわり。

レーシングクノログラフは他ブランドからも様々なモデルが展開されていますが、実用性に関していればデイトナが世界最高峰の一本だといえます。



前ページ: ブランパンバレンタインデイウォッチ:自信の美しさの解釈
次ページ: ブライトリングを選ぶのか?買う前に知っておきたい知識まとめ